適応障害は【ストレス要因の見極め】が肝心!蓄積原因をチェック

ドクター

環境に順応

レディ

ストレス要因をチェック

うつ病と同様、ストレスが原因で発症する適応障害は、精神面と行動面に多大な影響をもたらしてしまいます。遅刻や無断欠勤の社会的なルールが守れなくなるのは勿論、極度の心配性の症状が顕著に表れてしまいます。これらの症状を上手く改善するには、原因となるストレス要因をチェックしてそれにピッタリな改善方法を実践するのが望ましいです。心療内科や精神科の医師に頼れば、ストレス因がチェックしやすいのは勿論、効果的な治療方法をレクチャーしてくれます。

認知行動と問題解決療法

ストレス因をチェックして、それにピッタリな改善方法を実践するのも有効ですが、患者本人の環境適応力を高めるのも重要です。ストレスを溜め込む要因に対してどう思っているのかをカウンセリングを通して、受け止め方のパターンを明らかにしてアプローチする認知行動療法が有効です。また、受け止め方のアプローチ方法を知るのは勿論、患者が現在抱えている問題も同時に洗いざらいするのも大切です。アプローチ方法と現在抱えている問題の双方に焦点を当てる問題解決療法も同時に行なえば、適応障害の症状を改善しやすくなります。認知行動療法と問題解決療法の両方を上手く利用することで、置かれた状況下でも上手く適応できるようになるので、症状をぶり返す可能性も低くなります。これらの治療法は、医師の力に頼り切るのではなく、患者自身が主体的に取り組まなければ、治療効果が現れにくいです。主体的に取り組むのが苦手なら、薬剤の力を借りながら治療を受けるのが望ましいです。

薬剤は補助で使う

適応障害の治療法は、薬剤を使用した方法もあります。基本的には、うつ病に近い症状を発症するので、うつ治療で用いられる薬剤を使用することが多いです。精神的な落ち着きを取り戻させる効果のある薬剤を心療内科や精神科の医師が、患者の体質をチェックしてから処方してくれるので、服用後副作用の症状が現れるリスクが少なめです。あくまで、薬剤治療は適応障害を根本的に改善させるものではなく、補助的な役割を担います。置かれた環境の調節や医師とのカウンセリングを積み重ねていくのが重要です。