適応障害は【ストレス要因の見極め】が肝心!蓄積原因をチェック

ドクター

うつと似ている

腕を広げる人

見極めが難しい

適応障害は、うつ病と似通っている特徴があるので、医師の間でも見極めが難しいと言われています。双方とも、精神的な症状が原因であるので、見間違えてしまうのも無理ないです。不安感や焦燥感は勿論、社会的なルールが守れなくなるのは、双方に見受けられてしまいます。そんな適応障害やうつは、同じに見えて異なる部分があります。それは、罪悪感の有無です。うつ病の場合は、何かしらの行動を起こして失敗した場合は、強烈な罪悪感に苛まれてしまいます。適応障害の場合は、何かしらの行動で失敗をしても、罪悪感を抱かないケースが多いです。遅刻や無断欠勤の行動を繰り返しても、特に悪びれる様子が見られないのです。また、うつ病の違いは罪悪感を抱くか抱かないかだけでなく、抑うつ状態の持続性の面でも大きな違いがあります。うつ病の場合は、ストレス要因となる出来事や状況下から離れても、ずっとうつの症状が続いてしまいますが、適応障害の場合は症状が一時的に緩和されます。それどころか、自身の好きなことを楽しめる余裕も現れます。

うつ病にも発展する

新型うつと似通っているように見られる適応障害は、放置すれば改善できると思われがちです。しかし、放置すると余計に症状が悪化してしまい、最悪の場合うつ病にもかかってしまいます。軽く見られがちな適応障害は、うつ病を発症させる一歩手前の状況下に陥っているのは確かです。症状が悪化してしまうと、情緒不安定な状態や拒食の症状、睡眠障害も徐々に表れてしまいます。何か一つでも適応障害の特徴が少しでも当てはまったら、速やかに治療を施すのが大切です。

チェックサイトの利便性

適応障害のチェック方法は、ネットでも簡単に行なえます。チェックサイトでは、複数の質問事項に受け答えするだけで、症状にかかっているのかを数値で見極められます。数値が高ければ、適応障害に陥っている危険性が高いです。ネットのチェックサイトを利用してみて、高い数値を記録してしまったら、速やかに専門の医師に診察してもらった方がいいです。