適応障害は【ストレス要因の見極め】が肝心!蓄積原因をチェック

ドクター

自殺を行なう可能性もある

女の人

症状の特徴をチェック

適応障害は、置かれた状況と環境についていけないことで引き起こされる症状です。例えば、失恋や失業と言った予想外の出来事に見舞われてしまい、精神的に置き去りにされてしまった時に症状が現れます。気持ちの切り替えが重要とは言え、予想外すぎることに巻き込まれてしまったら、精神的にも負担が大きいものです。そんな適応障害は、発症しただけで多彩な症状が発症してしまいます。どんな症状があるのかというと、精神的な気落ち症状は勿論、イライラによって暴力的な行為に走ってしまうケースもあります。身体的な症状だと頭痛や胃痛と言ったものも現れます。これらは、適応障害の症状度合いによって現れるものが異なり、一概にそれらの症状が全部現れるわけではないです。

軽い症状ではない

適応障害は、うつ病と同じ気分障害の一種とされていますが、うつと違い軽い症状であると思われがちです。うつ病未満の精神的な疾患であると言う印象を抱いてしまうことで、症状を悪化させてしまうこともあります。適応障害を引き起こした患者によっては、自殺行為に走る人もいるほどです。うつ病よりは、自殺率が高いわけではありませんが、場合によってはそのような行為に走るケースもあることを認識しておいた方がいいです。

クリニックの力で改善

チェックサイトや医師とのカウンセリングを通して、適応障害が発症している可能性が高いと判明したら、直ちに治療に入るべきです。軽い気分障害とは言え、放置するとうつ病の症状にまで発展してしまう恐れがあるので、早めの治療を受けるに越したことはありません。一応、心療内科や精神科では、カウンセリングを行なったり症状を抑え薬剤を処方してくれたりします。体質チェックやストレスの蓄積要因のチェックと言ったことを調べてくれます。心療内科や精神科の力を利用すれば、少なくとも精神的な重みが解消されやすくなり、置かれた環境下でも十分に適応出来るようになります。